株式会社ストック

MENU
お問い合わせ

ゴミ処理機で企業・法人ができること

会社概要

ゴミ処理機は法人企業に必要?ゴミの処理方法にお悩みの方はストックにご相談を!

ゴミ処理機を置いておらず、生ゴミの処理に困っている法人企業も多いのではないでしょうか。そのままにしておくといくつかの問題が発生するため、何らかの方法で処理しなければなりません。ここでは、ゴミを処理しないことで起こりうる問題と、おすすめの処理方法を解説します。

生ゴミ処理の課題

容器に入った生ゴミ

日本では膨大な量の生ゴミが出されており、それらは焼却処分やリサイクルされています。リサイクルであればエコにつながるものの、焼却処分の場合は大量のCO2が発生するため、環境汚染のリスクが不安視されているのです。ここでは、日本の生ゴミ量や処理での課題を解説していきます。

日本における生ゴミの量

日本では、年間4274万トンもの生ゴミが出ています。全体のうち約半分は家庭から出されるもの、残りは飲食事業や法人企業から出されているものです。

生ゴミのなかには、リサイクル可能なものもあります。リサイクルできるものは再利用が可能なため、ゴミとして出されても無駄になりません。しかし、生ゴミの多くはリサイクルに回されず、焼却処分されていることが現状です。

生ゴミでリサイクルできるもの

リサイクルできる生ゴミは家庭の台所から出るものが多くなっています。台所から出る生ゴミは家畜の飼料に変えられます。植物や野菜などの肥料としても使えるため、家庭では不要なものもほかのシーンでの使い道があるのです。

前述したように生ゴミはリサイクルされず、焼却処分されることがほとんどです。せっかくリサイクルできるものが無駄になるだけでなく、焼却によるCO2の大量発生というリスクもあります。

ゴミ問題を解決するには

ゴミ問題を解決するにはリサイクルできるものはリサイクルに回し、処理しなければならないものは処理方法に工夫が必要です。生ゴミが増え続けてCO2が多く発生すると、地球温暖化などの問題につながっていきます。これを防ぐには、焼却・埋め立て以外の処分方法を実施するしかありません。

生ゴミの処理問題に携わるメーカーには、画期的な処理方法を実現するところや飲食店などにおける独自の生ゴミ処理機を開発するところがあります。生ゴミ問題を危惧しているのであれば、メーカーに相談してみることがおすすめです。

企業・法人の集団感染リスクヘッジにも

解決策・pc

生ゴミ問題に直面している方は、企業の集団感染リスクも考慮しなければなりません。生ゴミから発生する細菌によって、企業内で集団感染が起きる可能性があります。ここでは、生ゴミによる集団感染のリスク、リスクヘッジの方法をお教えします。

生ゴミによる集団感染とは

生ゴミを放置しておくと不衛生な環境となり、細菌やウイルスが発生しやすくなります。細菌やウイルスが発生している生ゴミを処理する作業者が感染すれば、作業者から周囲へと広がっていきます。感染力が強い場合は企業内に広がる恐れがあるので、1人の問題ではなくなってしまうのです。

生ゴミは放置しないことが一番です。しかしゴミを捨てる日は決められているため、ゴミが出たからといってすぐに処理できません。その結果、集団感染や悪臭の発生などのトラブルが発生してしまうのです。

生ゴミを放置しないことが最大のリスクヘッジ

前述した生ゴミの処理方法の工夫によって、放置しないことが最大のリスクヘッジだといえます。生ゴミは放置する期間が長くなればなるほど、悪臭が発生して細菌やウイルスも繁殖しやすくなります。悪臭がするところには害虫も発生しやすくなるので、企業の衛生面も不安視されるでしょう。

生ゴミは事業内容によっては毎日出るので、長期間放置しないための工夫が必要です。専門メーカーに依頼して生ゴミを引き取ってもらえば、企業内にゴミが溜まることはありません。

生ゴミの放置による集団感染のリスクや悪臭の発生、害虫の駆除作業といったリスクを避けられます。現時点で生ゴミの悪臭などに悩まされているのであれば、早めに対策を行いましょう。早めの対策はさまざまなリスクを減らすだけでなく、清潔な環境作りにも貢献してくれます。

企業内の生ゴミ問題でお困りの方はストックにお問い合わせを!

日本で発生する生ゴミは、家庭から出されているものが半分以上を占めています。それ以外に企業や飲食店事業などからも出されており、ほとんどが焼却・埋め立てにて処分されています。焼却処分を行うと大量のCO2が発生するので、環境への影響が不安視されているのです。

環境に配慮しつつ生ゴミを処分するには、専門のメーカーに依頼することがおすすめです。専門メーカーにはさまざまなところがあり、メーカーによって行っている処分方法も異なります。

企業内の生ゴミ問題をどうにかしたい、環境に配慮したい方はストックにお問い合わせください。ストックでは、これまでにない画期的な方法で生ゴミ処理を行っています。自社での生ゴミ処理に悩んでいる方は、ぜひ一度ご相談ください。

バイオゴミ処理機・産業廃棄物・SDGsについて

法人企業でゴミ処理機をお探しならストックへ

会社名 株式会社ストック
代表取締役社長 小野 聡
設立 2006年8月24日
資本金 950万円
住所 〒476-0006 愛知県東海市浅山3丁目202
TEL 052-689-2030
FAX 052-689-2040
URL https://stock-japan.com
事業内容
  • 環境衛生事業
  • ヘルスケア事業
  • 鋼材加工及び販売
PAGE UP