株式会社ストック

MENU
お問い合わせ

バイオでゴミ処理!燃やさない処分はコストダウンにもつながる

会社概要

バイオでのゴミ処理はコストの削減にも効果的!専門業者へのご依頼はストックへ

バイオのゴミ処理機が気になっており、機器の導入を検討している方も多いでしょう。焼却による処分方法に比べて環境にやさしく、処分費用のコストダウンにもつながります。ここでは、焼却処分による環境への影響と、バイオ処理のメリットを解説します。

産業廃棄物による温室効果ガス排出

煙突から出る煙

産業廃棄物を含む、ゴミの処理には焼却・埋め立てによって処分されることが多くなっています。この方法は長く実施されてきたものではあるものの、近年地球温暖化への影響が不安視されています。ここでは、燃やす方法でゴミを処理するとどのくらいの温室効果ガスが排出されるのかを解説しましょう。

温室効果ガスは多い傾向にある

燃やす方法でのゴミ処分時に発生する温室効果ガスは、多くなっています。ゴミを減らす廃掃法、ゴミの再活用を促す第四次循環型社会形成推進基本計画など、さまざまなものが実施されています。

取り組みが実施されたことにより、以前に比べると温室効果ガスの量は減少しています。しかし、大きな変化が見られないことから、今後も環境への取り組みを実施していくことが大切です。

温室効果ガス削減のための取り組み

現時点での取り組みに加え、資源の再利用、廃棄物処理施設の省エネルギー化などの取り組みも検討されています。廃棄物から再利用できるものを分別し、肥料や飼料などを作れば廃棄物を減らせます。植物の成長や家畜への餌ができるため、多くの利点が得られるのです。

廃棄物処理施設は、ゴミを燃やす際に多くのエネルギーを消費します。エネルギー消費によってもコストがかかるため、少ないエネルギーでゴミを処分できる方法も模索されています。

燃やさないゴミ処理方法が注目されている

焼却によるゴミ処分を実施することでの温室効果ガス排出やエネルギー消費を受けて、燃やさないゴミ処理方法が注目されています。燃やさないゴミ処理方法を実施すれば、燃やすために必要なエネルギーが不要となります。もちろん温室効果ガスも出ないので、焼却によるデメリットがなく処分できるのです。

燃やさない処分方法でコストダウン!

コストダウン・ブロック

燃やさない処分方法が注目されている中で、活用され始めているのがゴミ処理機です。ゴミを処分してくれる機器を企業に置いておけば、さまざまなメリットが得られます。ここでは、ゴミ処理機を導入することでのメリットを解説します。

ゴミ処理のコストを下げられる

コストをできるだけ下げた状態でゴミを処分できます。事業によっては、毎日膨大な量のゴミが排出されます。量が多ければ多いほど処分する際にかかる費用も高くなるものの、ゴミ処理機を導入すれば処分をすべてお任せできるのです。

導入時に機器代がかかるものの、ランニングコストを考えるとコストダウンのメリットを得られるでしょう。処分費用によって経営が圧迫されているとお悩みの方は、ゴミ処理機の導入がおすすめです。

衛生面を改善できる

ゴミ処理機の導入によって、ゴミが溜まることによる衛生面への不安を解消できます。ゴミは溜まれば溜まるほど衛生面が悪くなり、悪臭や害虫の発生につながります。細菌なども繁殖しやすくなるため、場合によっては企業内の集団感染を引き起こすリスクがあるのです。

ゴミ処理機によって処分しておけば、衛生面が改善されます。悪臭が発生しにくくなり、害虫も寄ってきません。衛生面を改善すれば集団感染のリスクも下げられるので、社員の健康管理にもつながります。

環境に配慮できる

燃やす処分方法に比べ、ゴミ処理機は環境にやさしい設計となっています。機器にてゴミを処理すると、水分が含まれるゴミから水分が抜けます。水分が抜けた状態のものは燃えやすくなるので、処理場に持って行った後の処分が楽になるのです。

また、ゴミ処理機にて処分するとゴミの量を削減できます。焼却処分場に持っていくにしても、ゴミの量が少なければ燃やす量も少なくなるため、温室効果ガス削減効果が期待できるでしょう。

バイオゴミ処理機の導入を検討しているならストックへ

焼却によるゴミ処分方法は、費用がかかるだけでなく温室効果ガスによる環境への影響も不安視されています。ゴミ処理機を導入すれば環境にやさしい処分方法を実践できるだけでなく、処分費用の節約も可能です。

企業にゴミ処理機を導入したいと考えている方は、ストックにご相談ください。ストックでは、これまでにない画期的な方法でゴミを処理する機器を取り扱っています。ゴミの処分に困っている、環境への影響も考慮したい方は一度お問い合わせください。お客様のご要望に沿った処分方法をご提案いたします。

バイオゴミ処理機・産業廃棄物・SDGsについて

バイオのゴミ処理機の導入・燃やさない処分ならストックへ

会社名 株式会社ストック
代表取締役社長 小野 聡
設立 2006年8月24日
資本金 950万円
住所 〒476-0006 愛知県東海市浅山3丁目202
TEL 052-689-2030
FAX 052-689-2040
URL https://stock-japan.com
事業内容
  • 環境衛生事業
  • ヘルスケア事業
  • 鋼材加工及び販売
PAGE UP