株式会社ストック

MENU
お問い合わせ

ゴミ処理機の種類とメリットを解説!貝殻まで処理できるバイオ21とは

会社概要

ゴミ処理機の種類と使用するメリットを徹底解説!貝殻まで処理できるゴミ処理機とは?

ゴミ処理機には、さまざまな種類があります。そこで今回は、ゴミ処理機の種類やゴミの処理にお悩みの方は、生ゴミの自社処理を検討してみましょう。この記事では、ゴミ処理機の種類やそれぞれのゴミ処理機を利用するメリットについてご紹介します。

生ゴミ処理機の種類とそのメリット

メリット・吹き出し

生ゴミ処理機は、衛生的で手軽に処理ができるため、多くの店舗や工場で導入されています。

生ゴミ処理機は大きく3つの種類に分けられます。ここからは、それぞれの生ゴミ処理機の特徴や利用するメリットについて詳しくご紹介します。

乾燥式

乾燥式の生ゴミ処理機は、生ゴミにドライヤーのように熱風を吹きかけることで水分を蒸発させ、乾燥させるタイプのゴミ処理機です。除菌だけでなくゴミを減量できるのが特徴です。

ゴミ処理機もコンパクトで低価格のモデルが多いため、初期コストがかかりにくく、導入しやすいタイプといえるでしょう。ただし、電気代がかかること、そして音や臭いが気になるというデメリットもあります。

バイオ式

バイオ式とは、生ゴミに微生物を混ぜ合わせることで生ゴミを分解させるタイプのゴミ処理機です。微生物を混ぜるだけで生ゴミが水やガス、少量の残渣に分解されます。とにかく楽にゴミ処理をしたい方におすすめです。

バイオ式は、「消滅型」と「堆肥型」の2つのタイプに分類されます。

消滅型は、残渣をほとんど残さないのが特徴です。1日に多くの生ゴミを排出する工場などにおすすめのタイプです。

堆肥型は、消滅型よりも多くの残渣が発生するものの、生じた残渣を発酵させて堆肥として利用することが可能です。生ゴミ処理を通してエコな取り組みをしたい方や生ゴミを再利用したいとお考えの方に特におすすめのタイプといえます。

ハイブリッド式

ハイブリッド式は、乾燥式とバイオ式のメリットを組み合わせたタイプのゴミ処理機です。処理中の臭いもほとんど気にならず、お手入れしやすいというメリットがあります。室内でも使用も可能なので、一般家庭などでも利用されているタイプです。

バイオ21なら貝殻からプラスチックまで処分可能!

空の容器

ランニングコストを抑えたい方や環境に配慮しながらゴミ処理をしたいとお考えの方におすすめなのが株式会社ストックの「バイオ21」です。ここからは、バイオ21の特徴や他の製品との違いについて詳しくみていきましょう。

優れた分解処理能力

バイオ21は、バイオ式・消滅型の生ゴミ処理機です。複合菌であるバイオの力により、生ゴミを水と無害な気体へと分解処理します。生ゴミの分解機能はもちろんのこと、バイオ21は発泡スチロールやPS製品、貝殻などの分解もできてしまいます。

これは他のゴミ処理機にはない特殊な処理能力です。人体や環境に有害な物質を発生させずに分解処理ができます。

分解スピードの早さ

バイオ21は、分解スピードの早さにも定評があります。他社製品のバイオ式の生ゴミ処理機と比較しても断然早く、生ゴミであれば1〜2時間程度で分解処理が可能です。発泡スチロールも2時間程度で完全に分解処理されます。

※注釈1)投入前に粉砕機にて細かく粉砕する必要があります。

環境や人体にやさしい設計

バイオ21は、ゴミを焼却せずに分解処理をするタイプの生ゴミ処理機ですので、人体に有害とされているダイオキシンが発生しません。さらにバイオ21に内蔵されている消臭機によって、生ゴミ特有の臭いも気になりません。

お手入れがかんたんでランニングコストを抑えられる

バイオ21は、菌床の入れ替えや補充が不要なため、お手入れが簡単という特徴があります。さらにランニングコストが安く、経済的なところもうれしいポイントといえるでしょう。発泡スチロールも分解することができるため、使うだけで環境保護にも貢献することができます。

生ゴミ処理機の導入を検討している方は、ぜひストックまでご相談ください。ご紹介しているバイオ21は、食品加工業だけでなく、農林関係や畜産業、ホテルや医療機関など、幅広い業界・業種の方たちにご利用いただいています。ご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

バイオ型の生ゴミ処理機をお探しならストックまでご相談ください

生ゴミ処理機の種類と利用するメリットについてご紹介しました。用途や目的に合わせた機種選びをすることが非常に大切です。ランニングコストを抑えながら、生ゴミ処理をしたいとお考えの方は、ぜひストックまでご相談ください。

優れた分解能力を持つバイオ21は、生ゴミだけでなく発泡スチロールや貝殻なども一緒に分解することが可能です。ダイオキシンなどの有害物質も発生しないため環境にもやさしいゴミ処理機です。ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

バイオゴミ処理機・産業廃棄物・SDGsについて

貝殻まで処理できるゴミ処理機ならストックへ

会社名 株式会社ストック
代表取締役社長 小野 聡
設立 2006年8月24日
資本金 950万円
住所 〒476-0006 愛知県東海市浅山3丁目202
TEL 052-689-2030
FAX 052-689-2040
URL https://stock-japan.com
事業内容
  • 環境衛生事業
  • ヘルスケア事業
  • 鋼材加工及び販売
PAGE UP